コールセンター電話応対実践テク
     社会人としての基本的な敬語や話し方から、コールサービスでのお客様対応、クレーム対応まで、 実際の現場のテクニックと、顧客満足度向上を追求するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スグ上達するために3
さて、何度か電話応対を聞いたとします。
当然、感想があるでしょう。

「ああ、あのヒトはカンジが良かった。」とか「このヒトは、すごく
的確に質問に答えてくれた。」とか「ちょっとカンジ悪かった。」
・・・・・などなど。

・・・ここで、ただの感想で終わらせては、いけません。

ん~こんなカンジだったなー、とりあえず、また聞いてみるか、
なんてコトをしていては、時間の無駄!
だらだらと、同じような行動を繰り返しても、残念ながら、効果は
なかなか上がりません。

一見、努力しているように見えても、考えるをコトしないで、同じ
作業をしているだけでは、どうでしょう?結果って出ますか?
キツイ言い方をすれば、「考える」ことを怠けてるだけです。

「何故そう感じたか、考える!」

なぜそういった印象を受けたのか、その印象のモト、要素はなにか。
これを考えて、自分の応対にフィードバックさせなくては、折角の
時間がムダになります。

スグ上達するために、アタマを使いましょう。

ビタミン、ミネラル、ハーブなどは本当に効く米国サプリメントを!


スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。