コールセンター電話応対実践テク
     社会人としての基本的な敬語や話し方から、コールサービスでのお客様対応、クレーム対応まで、 実際の現場のテクニックと、顧客満足度向上を追求するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
当たり前だが気を使え!
電話口で、だれか宛で名指しかかってきたとします。
で、たまたまその人がいなかったとします。

  「あいにく、○○は席をはずしております。」 
    ↓ 一呼吸おいて、次に一言。
  「どういったご用件でしょうか。」
  「お急ぎでしょうか。」
  「席に戻りましたら、こちらから折り返しお電話いたし
   ましょうか。」


ただ「席をはずしております」と伝えただけでは、足りません。

いないという事を伝えた後、「ではいかが致しましょう、私で分かることであれば、うかがいたいと思います

し、もし担当者とのお話をご希望でしたら、折り返しご連絡を差し上げたいと思います。」とゆーことを、しっかりアピールしなくてはいけません。

でないと「気の利かないヤツ」という印象が残ります。

ただし、やりすぎては墓穴を掘りますので、あくまでアピール。
ほどほどにうかがう程度。

好印象を残すこと、がポイントですから。

比較表で一目瞭然!
選ぶべき光ファイバーのプロバイダーはココだ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。