コールセンター電話応対実践テク
     社会人としての基本的な敬語や話し方から、コールサービスでのお客様対応、クレーム対応まで、 実際の現場のテクニックと、顧客満足度向上を追求するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クロージング。
応対が大体かたづいて、さあぼちぼち電話を切るかな、という
トコロ。締め括りと挨拶、クロージングのトークは、重要です。

ここで失敗しますと、電話を切った後のお客様に不愉快な印象が
残ります。そして後味の悪さというものは、ふくらみがちなモノ。

OP側は、「まあだいじょぶかな~~?(汗)」と思っていても、
お客様側は「とりあえず電話切ったけど・・・・ムカつくな。」
→「やっぱムカつく、文句言ってやろう!」になって、最悪には
クレームで再入電という、イヤなパターンを作ってしまいます。

 「担当○○が承(うけたまわ)りました。失礼致します。」

 「担当○○と申しました。お電話ありがとうございました。」

好ましい話し方としては、上記にもう一言添えたいものです。
お客様に安心感を与え、かつ、好印象をキープしたまま電話を
終わらせたいので、プラス一言。

 「他にご不明な点はございませんか。」

 「またご不明な点がございましたら、どうぞお電話下さい。」

 「今後とも ~会社名~ をよろしくお願い致します。」

安心感好印象で、お客様満足度の向上です。


●3日分 お試し価格の ワンコイン(100円です!)■黒酢屋本舗
●ごっくんと 2粒飲んで 元気保障!(飲みやすいソフトカプセル)
http://www.kurozuya.jp



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
◎◎と申しました、という表現は業界人が用いているが一般人は不快に思う、という議論で調べていて行き当たりました。

申しました、が丁寧で美しい日本語だという根拠があれば教えていただけると擁護できるのですが。
2006/03/15
(水) 02:26:20 | URL | Paul #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。