コールセンター電話応対実践テク
     社会人としての基本的な敬語や話し方から、コールサービスでのお客様対応、クレーム対応まで、 実際の現場のテクニックと、顧客満足度向上を追求するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
聞く能力5
■内容把握

お客様のおっしゃる内容を、正確に、きっちり把握することは、
結構、いえかなーーーり難しいことです。

というのも、色々なお客様がいらっしゃいます。

・理解が曖昧で、ご自分が何を言いたいのかよく分からない。
・自分が話さなくてもOPは分かっているものだ、という態度。
・感情的になっていて、話をできる状態ではない。
・損得勘定をするあまり、お話と事実が食い違う。
                    ・・・・・等々。

また、オペレーター側の姿勢も問題です。

・断片的な話を、過去の事例から勝手に判断し、思い込む。
・OP側の都合にあわせようとして、都合の悪い話を省く。
・現状確認をしないで、お客様の話を偏った内容で事実とする。
・お客様との会話がかみあわないまま、誤った方向に話が進む。
                    ・・・・・等々。

まずは基本の5W3Hを忘れず、事実をきちんと聞き取りする。

あいまいな話でも、内容を汲み取り、多少表現を変えて繰り返し、
また質問をはさんで、これでよろしいでしょうか?などと、確認
しながら話を進める。

なにしろ毎日毎日、何十件も似たような内容を聞いていると、
正直いって「聞く」という気力を維持することが、一番大変!
精神的重労働だと、管理人は思います。

そんな中で、なんと言っても「聞く」姿勢。

最後まで根気よくお話を伺うことと、正確な状況・内容の把握。
そして、事実や状況だけでなく、それにプラスアルファされる
お客様の「真意」をつかむことが、ポイントです。

鬼ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。